東京国際空港国際線地区で私たちは総合的な航空機ハンドリング事業を展開しています。輸出部門と輸入部門は国際貨物地区で、ランプ部門は航空機周辺で、旅客部門は国際線旅客ターミナルでそれぞれ事業を行っています。
 航空機運航の安全性・信頼性・定時性を確保しながら、365日休むことなく今日も私たちはお客様のサポートを行っています。

輸入部門

輸入1
輸入2

航空機にて貨物が到着。到着後、貨物が上屋に搬送されてきます。
到着貨物を解体し、仕向地・個数等による仕分けをします。

輸入3
受託チェック時に、個数・損傷等を確認。その後、貨物の形態、特性別に上屋に保管します。

輸入4
輸入5

貨物情報や現場からの連絡を収集・伝達します。
貨物の取扱い(内容点検やくん蒸)が必要な場合は、専用施設を使用します。

輸入6
税関より輸入許可・承認が下り、貨物の搬出をします。

▲ Page TOP